SINにっき

2021年9月17日金曜日

履歴書のみかた

 今日のプログラムは就職活動に関連するプログラムをおこないました。
就職活動を始めるとほとんどの方が必ず求人を見ることになります。
そこで「求人票の見方」というプログラムを行いました。障がい者枠での就職を希望される方が多いので、ハローワークの求人票を見ることが多いかと思います。今日は、ハローワークの求人票を一例として見ながら、順を追って何が書いてあるのか?どんな意味が含まれているのか?などを説明していきました。

みなさんからのご質問をいくつかご紹介します。

・コロナ禍で在宅の求人が増える傾向があるか?
・通勤手当について
・休憩について(お昼休憩以外の休憩について)
・医師の意見書は応募の際に企業に提出の必要があるか?

など、他にも沢山のご質問がでました。

求人票の見方についてわからなかった方も今回のプログラムで基礎的な見方はご理解できたのではないかな?と思います。更にわからない方はご質問を個々に受け付けていきますし、就職段階の方にはお一人お一人サポートしていきますので、ご安心頂けたらと思います。




2021年9月14日火曜日

オンラインを活かして・・・

 今日の午前中は「新聞要約の発表」でした。今までは発表者には前に出て要約したものを発表して頂いていましたし、発表を聞いてコメントや質問をする際にも生声でお話して頂いていたのですが、コロナ感染を防ぐため、通所のみなさんにも最近はZoomに入って頂き、マイクを通してリモート参加していただくようになりました。
 以前より換気の為、常に窓を開けているので、外の音で発表やコメントがかき消されてしまうことが度々あったのですが、みなさんにはイヤホンで発表やコメントを聞いて頂くことで、そういった問題は起きなくなりました。

午後は午前に引き続き「新聞要約の発表」の続きと「座談会」でした。こちらもリモートで行いました。皆さん個々のマイクに向かってお話をしていただきます。声を張る必要がないため、発表に関しては話しやすそうに感じます。
リモートのメリットを活用しながら今後のプログラムや活動を行っていけると良いなと思いました。

さて、今日の座談会は「マスクをしないタクシー運転手さんへ怒りを持ってしまうのはなぜなのか?」がから話合いはスタートしました。
話し合いを続けていくうちに、ご自身の事を客観的に見つめられたのでしょうか?
「予想外の出来事が起きると慌ててしまい頭の中が整理がつかなくなってしまうのでそこからトラブルになることが多いので、それをどうコントロールしたらよいか?」や「思い立ったら行動してしまう特性がある」といった話も伺うことができました。
困っていることをすぐに解消することは難しいですが、そこへの糸口やヒントを見つけることはできるかもわかりませんね。


2021年9月9日木曜日

zoomを使ったグループワーク

 今日はグループワークでした。
先週から感染予防の為、全員リモートでのオンライン会議を行っています。
グループでなにをやるかという内容も、リモートを使って出来ることに重点をおいているようでした。(オンラインでのゲーム大会やCD作成など。)
何になったかの詳細はSIN通信の利用者さんのブログでUP予定ですのでご覧頂けたらと思います。

メインスペースの様子

別室の様子

リモート会議中のモニターの様子

 だいぶオンライン会議に皆さん慣れてきて逆に楽しく行われているように感じました。
社会にでてからもオンラインに慣れておくと役にたちそうですね。




2021年9月7日火曜日

オンラインでの座談会

 今日は前回に引き続き「エゴグラムを使った座談会」を行いました。今回は在宅者のリモート参加者がいらっしゃいましたので、来所頂いた方にもZoomに入って頂き、全員で「オンライン座談会」を行いました。今回「オンライン座談会」にした理由は、大きな声でお話頂くと飛沫が飛ぶ可能性があるからです。感染予防としてマイク越しにお話頂き、イヤホンで聞き取っていただく方法を取りました。

初めてのオンライン参加の方もいますので、スタッフがサポートさせて頂きました。
小さな声でもマイクが拾ってくれるので、今日はとても聞き取りやすかったように感じました。今日、オンライン座談会を行ってみて、なかなか良い感じでしたので、またこのような形でプログラムにも活かしていけたらと思いました。

今日は巣鴨は久しぶりの晴れ間が見られました。9月にもなり少し湿度が減ってさらっとした秋晴れになったように感じました。明日以降はまた夏の暑さが戻ってきそうですが、じめっとした感じが減ると少し過ごしやすくかんじられるかもしれませんね。






2021年9月1日水曜日

座談会と障害受容

今日の午前中は「エゴグラムからの座談会」の続きを行いました。

前回の「エゴグラムからの座談会」の後、利用者さんから多くの反響を頂き、自分も前に出てお話したいという声を頂戴しました。
相談者の悩みは他の皆さんにも当てはまるケースが多く、共感とともに自分への課題の再認識や自分だけではないといった安心感も得られるのかもしれないなと感じました。しかし、そのままではご自身が辛い状況のままですので、そこをどうしていったらよいか?ということを皆さんの話しあいの中から皆さんが見つけていけるとよいですね。

 今日は利用者さんBさんに前に出て頂き、ご自分のエゴグラムを元にご自身の事をお話していただきました。今日は「親の呪縛から離れられない」がテーマになっていったように思います。自立のためには、親と自分を独立したものと考える必要も出てくると思います。なかなか依存関係のまま抜け出せないと自覚している方も多くいるようです。そこに気づかれた方はご自身なりに行動に移している方もいるようですがどうも上手くいかないケースもあるようですね。みなさんのご意見をうかがえるいい時間になりました。

午後は「障害受容」でした。
今日は自律神経チェックシートから始めました。
チェック項目が多いと身体に様々な症状が出やすくなります。なぜそういった症状がでてくるのか?などを説明していきました。その後は神経伝達物質についてのお話、そして気分変調障害の話をしていきました。障害受容のプログラムは人気があり、今日もリモート参加も含め、沢山の利用者さんにご参加いただきました。障害の理解につながるとよいですね。

◆所長の永由による講義◆


2021年8月27日金曜日

座談会~エゴグラムから見えてくるもの

今日は「エゴグラム」を使った座談会をおこないまいした。

「エゴグラム」とは、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した「交流分析」という人間関係の心理学理論に基づいて作られた性格診断テストです。
エゴグラム性格診断テストでは、人の性格を5つの心の領域(CP・NP・A・FC・AC)に分けて分析しています。

◆5つの心とは?

CP:厳しい心。正義感が強く理想に燃える心
NP:優しく保護する心
A:大人の心。冷静に分析する理知的な心
FC:自由な子供の心
AC:順応する心。いい子を演じようとする心

5つの心を数値化しグラフにした後で、座談会を始めていきました。

今日は就職活動を控えているAさんの困っていることをお話頂き、生きにくいと感じるのははなぜなんだろう?を皆さんでお話していただきました。
ここに通所している皆さんには、生きにくさストレスを常に感じて生きていらっしゃる方が多いように感じます。皆さんでの話し合いの中に(相談者も傍聴側も)、「辛いな」「疲れるな」と感じてしまう状況を変えるヒントが見つけられるかもしれません。ヒントが見当たらなくても、なにか感じるものが少しでもあれば、変わるきっかけになるのかもしれないなと思いました。





2021年8月24日火曜日

エクササイズ~免疫力をあげよう!

 今日は身体を動かすプログラムです。最近コロナウィルスの感染拡大が心配されていますね。そこで今日のプログラムでは免疫力をUPさせるストレッチをいつものストレッチに加えて行っていきました。

①ボールでのコリ取り

②鎖骨まわりのコリ取り
鎖骨の周りをつまむようにしてほぐしていきます。

③呼吸法
ヨガの呼吸法に似た腹式呼吸を行います。

④ストレッチ(たっぷり行います)












 利用者さんの中にはヨガマットを使用することに抵抗力を感じる方もいらっしゃいます。そういった方は椅子に座って上半身のみのストレッチを一緒に行っていきます。
一生懸命やりすぎてケガをしない様に、また疲れすぎてしまわない様に無理のない範囲で行って頂くことをお願いしています。今日のプログラムの内容はご自宅でも出来るような内容になっていますので、日頃運動不足を感じている方は是非、寝る前や、朝起きた時にやってみてはいかがかなと思います。